ゴミの分別と出し方

ゴミの分別と出し方
 住所が変わったときや、以下のような場合には届出をしましょう。

 ●ペットボトルは資源ごみ
 ●プラスチック類、ゴム、皮革類は、可燃ごみ
 ●不燃ごみの収集が月2回

資源・可燃ごみ・不燃ごみは、集収日の朝8時までに集積所に出してください。



■資源(週1回)
紙類 主なもの 回収できないもの
新聞・雑誌・ダンボール ・窓付封筒
・感熱紙
・ノーカーボン紙
・写真
・紙コップ
・ビニールコート紙

→可燃ごみの日へ

出し方 注意
種類別にひもでしばってお出しください。 雨の日でも回収します。
びん類 主なもの 回収できないもの
飲・食料用ガラスびん ・プラスチック容器
・化粧びん
・油のびん
・電球・蛍光灯
・グラス
・コップ類
・陶器
・耐熱ガラス製品

→不燃ごみの日へ

出し方 注意
それぞれ「中身の見える袋」に入れてお出しください。 中を軽くすすいでください。
びんのキャップははずして不燃ごみへお出し下さい。
ビールびん・一升びん等の繰り返し使える「リターナブルびん」は買ったお店にお返しください。
缶類 主なもの 回収できないもの
飲・食料用アルミ・スチール缶 ・スプレー缶(使い切って)
・一升缶
・油の缶
・塗料の缶

→不燃ごみの日へ

出し方 注意
それぞれ「中身の見える袋」に入れてお出しください。 中を軽くすすいでください。
びんのキャップははずして不燃ごみへお出し下さい。
ビールびん・一升びん等の繰り返し使える「リターナブルびん」は買ったお店にお返しください。
ペ ッ ト ボ ト ル 主なもの 回収できないもの
ペットマークの付いているペットボトル ・食用油のペットボトル
・卵の包装パック
→可燃ごみの日へ
出し方 注意
「中身の見える袋」に入れてお出しください。 中を軽くすすいでください。
外装ラベル・キャップは可燃ごみへお出し下さい。
つぶしてください。

■可燃ごみ(週2回)
主なもの
生ごみ(台所の生ごみ、貝殻、卵殻など)

衣類(ビニール製、革製衣料など)

少量の木くず(概ね30cm未満)

紙くず(ティッシュ、紙オムツなど)

プラスチック類(プラスチック製容器・包装、発泡スチロール製品・ラップ、ビニール、ペットボトルのキャップなど)

ゴム・皮革類(ゴム手袋、サンダル・ボール・鞄など)

出し方 注意
「ふたのできる容器」
又は「地域推奨のごみ袋」
に入れてお出しください。
生ごみは、よく水を切ってお出しください。
食用油などは紙や布にしみ込ませるなどして、飛散しないようにお出し下さい。
竹串は、紙に包んで「危険」と表示してお出しください。

■不燃ごみ(月2回)
主なもの
30cm角以下の小型の金属・家電類(ドライヤー、鍋、ポット、ラジオなど)

電球・蛍光灯

陶器・ガラス類

スプレー缶・ビニール傘・アルミホイルなど

出し方 注意
「ふたのできる容器」
又は「地域推奨のごみ袋」
に入れてお出しください。
ガラスや針・刃物などの鋭利なものは、きちんと包んで「危険」と表示してください。
蛍光管は、蛍光管の包装ケースに入れてお出しください。
スプレー缶は、中身を使いきってお出しください。

■粗大ごみ(有料)申込制
主なもの
電気・ガス・石油器具(テレビ・冷蔵庫・ストーブなど)

家具・寝具(イス・ふとんなど)

その他(自転車・建具など)

出し方 注意
粗大ごみ受付センターに電話で申込み、集収日に「有料粗大ごみ処理シール」を貼って建物の前などに出してください。 門の前、玄関先などにお出しください。(集合住宅の場合は1階まで降ろしてください)
集積所には出さないでください。
コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る